あすかの知識コラム

供養の意味やその実態

先祖供養のため、お墓や仏壇などの前で手を合わせるのは一般的な行いです。
供養の方法にも色々なものがありますが、元々はどのような意味があるのでしょうか?
宗教などによっても変わりますが、供養の意味やその実態などを紹介します。

供養の意味

先祖供養など、供養というのは仏や諸天、菩薩などに対して香華や燈明、飲食どの供物を捧げる行為のことを言います。
元々はサンスクリット語の、「プージャー」という言葉を直訳したものとされています。
サンスクリット語というのは、古代インドで使用されていた言語です。
供養そのものは、本来は神仏に財物や食べ物を供えるのが一般的でしたが、日本に仏教が伝来し、加えて日本古来よりある祖先崇拝の習俗なども影響し、現在は死者の冥福を祈ること全般について使われています。
またこの世に存在している全てものや現象などにも生命や魂が宿る、という考えも大きく影響しており、日本では生物ではない道具類なども供養する対象になっているのです。
具体的には、人形供養や針供養などがそれに該当します。

供養の実際

供養は様々なところで行われていますが、実際は仏や諸天、菩薩などに対する仏教の供養や、先祖や死者に対しての追善供養などがあります。
さらに仏や人間だけでなく、犬や猫などの動物なども含まれることもあるでしょう。
中には生活に密接した物や道具なども、対象にして供養するところもあるのです。
具体的には、動物供養や針供養、鏡供養や写真供養、仏壇供養や経典供養、印章供養や人形供養など様々です。
仏教の場合は、四十九日法要や一周忌法要など、ある節目に読経供養を行っています。

供養には様々な意味があり、その方法なども異なります。
特に日本では仏教伝来が大きく影響しており、それに日本古来の祖先崇拝の習俗などと加わって、現在のような供養の方法が確立しました。
広義的に見ると、現在では死者の冥福を祈ること全てが供養と呼ばれています。