あすかの知識コラム
東京 お墓・墓地・霊園の石のあすか ホーム > あすかの知識コラム > お墓を建てる場合のローンてどうなるの??
お墓を建てる場合のローンてどうなるの??

お墓を建てる場合のローンてどうなるの??

家族が亡くなった際に絶対的に必要なのがお墓ですが、石の材質などによって種類にも色々あることが分かります。 そのため値段が高いものもあれば安いものもあり、たとえ安いものであっても一括で支払うのは難しいというケースが見られます。 そのような時は、どうすれば希望のお墓を購入することができるのでしょうか。

お墓に掛かる費用

自動車と同じか、それ以上に値段が掛かると言われているのがお墓です。
実際に、どのくらいの金額になるのか知らない方も少なくはありません。
お墓に掛かる費用としては、建てる敷地に掛かる利用料金となる土地利用料や永代使用料の他に、墓石の石材費や彫刻に掛かる費用、さらに建立する際の工事代金が挙げられます。
そしてお墓を建てた後に発生する管理費用なども、考慮しておく必要があるでしょう。
様々な費用が掛かりますが、中でも管理費以外を見ると、総額でおよそ100~300万円が相場と言われています。
もちろん墓石の石材価格や、お墓を建立する地域や環境などによって総額が変動することもあります。

お墓とローン

お墓を建てるには100~300万円が必要ですが、その時に役立つのがローンです。
お墓にローンを活用できるのか疑問に感じる方もいるかもしれませんが、結論から言えば可能です。
ただお墓の建立で使用できるローンは、全体的にはノンバンク系の金融機関が提供している商品が多いのが特徴と言えます。
具体的には、石材店など墓石を販売しているお店が窓口になり、そこと提携している金融機関を使うのが一般的です。
もちろん銀行も可能で、例えば地方銀行の場合は独自のローンやフリーローンなどを提供しているところもあります。

お墓を購入する際にはある程度の費用が掛かりますし、場合によっては総額が高くなることがあります。
そういう時に便利なのがローンであり、銀行やノンバンク系の金融機関などが商品を提供しているところもあるのです。
ローンの種類はたくさんありますので、無理のない商品を選びましょう。