ためになるQ&A

墓地・墓石の基礎知識

お墓の構造

お墓の構造に決まりはありませんが、一般的には図のような構造になっています。
お墓の構造

墓地の種類

墓地の種類 墓地とは、「墓地埋葬等に関する法律」によって都道府県知事等が許可した区域とされ、許可を取得していない所に埋葬をすることはできません。
墓地には、①公営墓地 ②寺院墓地 ③民間墓地 があります。
寺院墓地 ①公営墓地は、市町村など地方自治体が設けるもので、公募によって使用者を募集します。応募にあたっては、「その公営墓地のある市町村に住んでいること」や「亡くなった方の遺骨がすでにあること」などの条件がつく場合が多いようです。
②寺院墓地は、寺院が檀家のために寺院の敷地内に設けるものですから、その寺院の檀家になることが前提となります。
③民間墓地は、宗教法人や財団法人が運営するもので、多くの場合、広い敷地を持ち公園のように整備されています。運営主体が宗教法人であっても、宗旨宗派は問われないことが多いようです。
謝礼を払う しかし、お寺からすれば長年世話をしてきたという思いもあり、移転を巡ってトラブルになるケースも決して少なくありません。こうしたトラブルを未然に防ぐためには早めに相談を持ちかけることです。そして、事情をよく話して、理解を求めます。
お墓が遠くてなかなかお参りに来られない、お墓を継承してくれる子供がいない、などといった事情を話し、お墓を移す必要があることを訴えます。さらに、今までのお礼を述べて謝礼を払うのが一般的な解決策です。

墓地の特徴

公営墓地、寺院墓地、民間墓地の特徴
公営墓地 ・管理運営主体に安心感がある。
・管理料、使用料が割安である。
・宗旨宗派を問われない。
・利用にあたっては、住居地などの制限がある。
・競争倍率が高く、抽選になる場合もある。
・墓石の大きさや形に制限がある場合が多い。
寺院墓地 ・その寺院の檀家になるため一体感が持てる。
・手厚くまつって頂くことができる。
・通常、寺院の境内にあるので管理面で安心できる。
・市街地にある場合が多く、墓参に便利である。
・檀家としてのつとめを果たす必要がある。
・石材店は指定されている場合が多い。
民間墓地 ・宗旨宗派と問わない。
・墓石の大きさや形が自由に選べる。
・利用にあたっての資格制限がない。
・広く明るく公園のように整備されている。
・郊外にある場合が多く、墓参に不便である。
・石材店は指定されている場合が多い。