ためになるQ&A

お焼香・礼拝の正しい方法とは?

お焼香の仕方は宗派などによって違いがありますが、基本的には以下の流れで行います。
手順1、黙礼
遺族に対して一礼して焼香台のある仏前に進みます。ご本尊と遺影を仰ぎ頭を下げて黙礼します。
手順2、右手で香をつまむ
右手で香をつまみます。
手順3、額のところまで押しいただく
額のところまで押しいただきます。(浄土真宗では押しいただきません)
手順4、香炉に静かにくべる
香炉に静かにくべます。これを宗派で決められた回数を行うのですが、二回目からは額でおしいただく必要はありません。
※会葬者が多い場合、焼香は一回だけ行うことが、宗派を問わず慣例化しているようです。
手順4、合唱礼拝する
合掌礼拝します。最後に遺族に一礼し、退きます。

お焼香の意味

仏教では、お葬式をはじめ、さまざまなご法要の折に必ずお焼香をします。これにはお仏前を荘厳することによって敬虔な心をささげるという意味があります。香は人の気持ちを快くするものですが、それと同時に芳香によって心身を清めるといった意味もあります。香は仏教だけではなくキリスト教(カトリック)の葬儀でも、前夜式などで用いられているようです。
普通、近親者の焼香は葬儀式の時間内に行われ、一般会葬者の焼香は告別式開始と同時にはじめられます。

お数珠のかけかた

お数珠はもともと、お経やお題目を上げるときにその数をかぞえる法具でした。今ではお経やお題目を唱えたり、仏さまを礼拝するときに手にかけてお参りします。
お数珠は持っているだけで功徳があるとされ、普通108の珠からできています。
これは108の煩悩を退散・消滅させられる功徳があるからだと言われてますが、珠の数はこの他にも、108の10倍の1080のものから1/6の18のものまでさまざまあります。
形式については宗派によって若干の違いがありますので、求められる時に確認したほうがよいでしょう。また、お数珠のかけかたも宗派によって異なりますので、代表的な宗派について紹介します。
数珠のかけ方

合唱のしかた

合掌は仏様を尊び、供養する気持ちを表したものです。一説によれば、右手は仏さまを表し、左手は私たち凡夫を表すと言います。手を合わせることによって仏さまの境地に私たちが近づけるというのです。
いずれにせよ、掌を合わせることによって心が落ち着き、精神が安定するのではないでしょうか。
合掌のしかたは、まず、指と指の間を話さずくっつけて、掌をピッタリと合わせます。そして、位置としては胸の前に、胸にはつけないで少し前に出します。掌の角度は45度くらい。肘は張らず、脇も力を入れて占める必要はありません。肩の力を抜くようにすればよいでしょう。厳密に言えば合掌にもいくつかの形があるのですが、この形がもっとも代表的なものです。