曹洞宗 天龍寺(新宿)

曹洞宗 天龍寺 (東京都新宿区)

悠久の歴史を刻む徳川ゆかりの名刹

護本山天龍寺は、同寺を菩提寺とする戸田忠春の娘が徳川家康の側室・二代将軍秀忠の生母となったことから、家康の江戸入府の際に牛込納戸町に創建されました。
江戸城の表鬼門鎮護の上野寛永寺に対し裏鬼門鎮護の寺とされ、格式の高い寺でありました。天和3年(1683)の大火で類焼、新たに内藤家四谷屋敷の隣接地であった現在地に移転したといわれています。
境内の梵鐘は江戸の人々から『時の鐘』と親しまれ、上野寛永寺・市谷八幡の鐘と共に江戸三名鐘と謳われました。(都重要文化財)
天龍寺墓苑
1.管理者 天龍寺
2.所在地 東京都新宿区新宿4-3-19 ≫アクセスマップ
3.駐車場 有り
4.電車 東京メトロ副都心線「新宿三丁目駅」より徒歩1分
都営新宿線「新宿三丁目駅」より徒歩3分
JR線「新宿駅」南口より徒歩5分
東京メトロ丸の内線「新宿三丁目駅」より徒歩3分
5.バス 都営バス「池86系統」をご利用下さい。
新宿四丁目バス停下車すぐ